ドライウォールジャパン

anken

ドライウォール資材販売

コーナービート、テーピング、パテ、ペイント等常時在庫しております。
材料販売
価格はNET単価とさせて頂いております。
資材は

商品発送について
九州方面
発送日より中1日
北海道
発送日より中1〜2日
沖縄等離島の場合は別途
注)休日を除く
お急ぎの場合はご注意下さい。
商品ご購入をお急ぎのお客様へ
大変恐れ入りますが、返信メールをFAXにて送信してください。
少しでも早く届く様手配いたします。


サンプル資料請求
ドラウォールの仕上げ見本等のサンプル資料請求は、弊社で施工される方以外はお断りしています。
ご了承下さい。

施工依頼のお問い合わせについて
お見積もりについて
工務店等、業者の方は、名刺を送って頂ければこちらからご連絡します。
弊社少人数ですので、なかなか手が回らないため多少お時間が掛かる場合があります。
価格調査、比較検討は下記を参考にして下さい。

施工単価は、業者様向けの設計単価とさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

◆施工単価表◆
よくあるご質問

施工エリア
原則、愛知、岐阜、三重県とさせて頂いております。
ただし、出張費をご負担頂ければお伺いします。

施工実績150棟以上

(株)ドライウォールジャパン
愛知県安城市桜井町北阿原下48-2
TEL:0566-99-8022
FAX:0566-99-6553


施工のご依頼について
施工エリアは、基本的に愛知県中心部より90分圏内とさせて頂いておりますので、遠方にて施工をご希望の方は、お問い合わせ下さい。

ドライウォール工法はスイートルームの様な最上級インテリアの質感を実現できます。

特にワンクラス上の住宅・店舗・ホテルにベストと言えます。

世界一の先進国米国では内装仕上げの90%以上がドライウォール工法です。


ドライウォール工法のメリット 【クロスからドライウォールにする事によって得られるメリット】
  私は、ドライウォールジャパンの浅井と申します。このHPを見られたと言うことは、貴方様は建築業界での先駆者、又は勉強熱心な消費者の方だと思います。私は数年前から米国の建築業界の方と密接な情報交換をしております。残念ながら米国は日本のはるか先を走っております。その一例がドライウォールです。米国のファミリー映画を見ますと家族でインテリアの壁や天井をローラーでペイントしているシーンが有ったと思います。その壁や天井がドライウォールです。
 ドライウォールなら、クラックが非常に入りにくく曲面も自由自在、こどもの落書きもOK、大きな傷が付いても手直し楽々と言う画期的な工法です。この工法は既に米国では30年以上の歴史があり、クロスとは比較にならないほどインテリアの質感とグレードアップが可能です。特に女性からは大好評で高級ホテルのスイートルームの様な質感を再現できます。
曲面、曲線が自由自在。女性から、これ以外は嫌だと思われてしまう。
水性ペイント仕上げだから、子供達に落書きされても上から再度塗るだけで新品同様。
絵が趣味の奥様や、子供さんは、壁に好きな絵を描いておくことが出来ます。
失敗したときや、飽きてしまったときでも、上から塗れば元通り。
リフォーム時も、クロスの場合職人に依頼しなくても、お父さんの日曜大工でラクラクペイントするだけ。
低コストでリフォーム出来てお客様からも喜びの声が届きます。
手垢の汚れも拭き取り簡単。
ペットによる引っかき傷も手直しラクラク。ペットもご主人から怒られずに安心だにゃん。
スイートルームの様な質感
トールペイントも直接描け、手直しもカンタン
家族の思い出を残せます。

ドライウォールとクロス 【メリット、デメリット】
ドライウォールのメリット
クロスのメリット
※HPのものを簡略化して記載 全てのボードの繋ぎ目に高強度の和紙テープを施工することで・・・ シックハウス対応
特殊な技術が必要無く、どんな職人が施工してもある程度均一な品質が保てる 安い 工期が短い
ドライウォールのデメリット
クロスのデメリット
熟練職人による施工が必要不可欠であり、職人のレベルによって大きく品質が異なる 高精度のパテ処理の為、行程がクロスの2〜3倍となる 行程が長くなる為、施工単価が高くなる
他の住宅と同じ いくら高いクロスを使用しても高級な質感は期待出来ない 塗り替え時にゴミが大量に出る

国内最大手吉野石膏様に弊社の施工技術を認められ、
吉野石膏様の製品開発にもご協力させて頂いております。
技術開発者の方に解説する夏目職人

マネーの虎で有名な堀之内九一郎氏の自宅を施工

新建ハウジング新聞(建築業界新聞)に取材されました。

報道関係者の皆様へ
私どもドライウォール・ジャパンは正しいドライウォール工法を建築関係者及び、 消費者の皆様へお伝えしたいと考えております。
つきましては、取材等はお気軽に浅 井迄お申しで下さい。
TEL:0566-99-8022
asai@1anken.com

取材を受ける夏目(弟)

ドライウォール工法の信頼性 【輸入住宅の父戸谷英世先生が語るドライウォール工法の信頼性】
輸入住宅の父戸谷英世先生にドライウォールジャパンの実績、施工レベルの高さを認めて頂けました。
ドライウォール工法は、1950年代に新しく誕生したプラットフォーム工法(現在の2×4工法)を、耐火構造の建築物に質的な変化をさせることになりました。ドライウォールの材料石膏ボードは、表面が紙であるため、その防耐火性能を誤解する人は多く、我が国でも、昭和44年になって、米国で評価されていた防耐火性能を、建設相自身で確認し、建築基準法の中で正当な格付けをしました。そして、昭和47年、日本でオープンした2×4工法にも取り入れましたが、木造で耐火構造が作れる筈はないという偏見の下に、平成4年の建築基準法まで、木造建築物は認められませんでした。ドライウォール工法は、北米では、既に30年以上、木造で耐火建築物を造る工法として使われ、カリフォルニア州の大地震でその性能の高さを証明してきました。また、ドライウォール工法は土塗り壁同様に、呼吸をし、湿度を調整し、高い遮音性と断熱性を持ち、構造耐力を担う耐力壁を作ることが出来るほか、伝統的な意匠の壁仕上げから、ペイント仕上げ、壁紙仕上げなど豪華なインテリアからカジュアルな仕上げまで、全てに応えることの出来る万能選手として、西側住宅先進国では最も信頼されて使われてきました。我が国の住宅産業では、未だ実験的にしか使われてきていませんが、使用実績に対する満足度は高く、我が国の住宅品質向上に大きな貢献をすることが期待されています。

ご注意!経験未熟なドライウォール職人によるクレームが多発しています!
弊社は時々、他社でドライウォールを施工された方からお電話を頂きます。ご相談内容はクラックの多発です。経緯をお聞きしますと、施主の方の希望でドライウォール工法を業者に依頼したが、入居後数ヶ月した頃次第に貢ラックが発生して来たが、工務店側は適当なことしか言わずに、手直しをしてくれないという内容です。(家具が入ってからのドライウォールのやり直しは困難を極め、相当な費用が発生します) 施工不良で消費者が困るのは、引き渡しの際にはまだクラックが入らず、御施主が最後の支払いを終えた頃から次第にクラックが入り始めることです。 「原因はズバリ工務店側の知識不足と職人さんの経験不足です。」 通称「ドライウォール職人」と名乗る職人さんも数多く居ますが、本当のドライウォール工法を熟知した職人さんは日本ではまだ極少ないのが実情です。 工務店さんが言われる「ドライウォール工法はクラックが発生しますから弊社では施工出来ません。」という回答には知識と技術を持った職人さんが居ない又は、過去未熟な職人に施工させクレームが多発していると考えられます。 本物のドライウォール工法には石膏ボードの下地、種類、厚さ、貼り方、止めるビスの長さ、ビスの間隔、ビスの締め方、パテの種類、職人の熟練技術が必要です。結論を申しますとドライウォールの成功=「熟練職人」と言えるでしょう。 また、日本には本格的なドライウォール職人が居ないという理由から、外国人のドライウォール職人を雇う場合がありますが、これも十分注意が必要です。日本人は外国人職人=本物の職人と錯覚してしまうからです。多くの場合、本国でプロとして通用しない職人が日本に出稼ぎに来ているのです。外国人職人に依頼する場合は、信頼のおける人からの紹介か、過去の施工現場を見せてもらうことが一番無難でしょう。
※消費者の方へ 私どもの経験から申し上げますと、大手ハウスメーカーだからと言って安心できません。少しでも施工経験に疑問がある場合はご注意下さい。


初めてドライウォールを施工されようとお考えの工務店の皆様へ
ドライウォールはクロスとは全く次元の違うモノです。しかしながら、クロスの感覚 で石膏ボードや造作を完了した状態で安易にドライウォール工法を施工しようとお考 えの方が多々おられます。また、強引にとにかく施工してくれという業者さんもあり ます。
我々ドライウォールジャパンは、日本におけるドライウォール工法の老舗として、日 本に正式なドライウォール工法を広めて行く使命があります。その様な状態で施工す ること使命に反しますので全てお断りさせて頂いております。
目先の金儲けより、長いスパンで業界の地図を塗り替えて行くこと、施工された顧客 の歓びが私たちドライウォールジャパンのスタッフ、職人の歓びです。
東海三県でドライウォール施工を真剣に考えられている業者様へ

建設業者様へドライウォールの説明をする夏目プロ
ドライウォールジャパンでは建設業者様向けの施工見学を承っております。
ご見学希望 の業者様はお気軽に浅井迄ご連絡下さい。
弊社施工範囲内の方に限らせて頂きます。
TEL:0566-99-8022
asai@1anken.com

本物のドライウォール工法を実現するベテランドライウォール職人 【夏目親子】
ドライウォール工法は何より実績!! 論より証拠
本場アメリカのベテランドライウォール職人と共に働き、その技術、ノウハウを受け継いだ伝説のドライウォール職人夏目兄弟の紹介(現在ドライウォールのインストラクターとしても活躍中)
職人さんありがとうより紹介

ボードの貼り方からメンテナンス方法までを順を追って紹介
ドライウォール施工順序
(株)ドライウォールジャパン
Copyright© 1997-2005 Drywalljapan All Rights Reserved.